フレーミング効果

二回目はフレーミング効果

【うなぎ屋さんは竹がお得!?】

 

フレーミングとは複数ある選択肢を

相対的(枠組み)に捉えてしまう心理です。

 

フレーム(額縁)によって絵の評価が、

変わってしまうことが由来とされてます。

 

商品を探す時ひとつひとつの物の関係性により、

損得を比較してしまうことがあります。

 

そして選択肢が変わればまた評価も変わります。

この心理を飲食店で活用してるのが松竹梅の法則。

 

 

うなぎ屋さんのメニューはなぜ松竹梅なのか

うなぎ屋さんではどこにでもあるメニューです。

 

松 2500円

 

竹 1600円

 

梅 1000円

 

この場合、

松と梅がフレームの役割をします。

 

それほど高くないうなぎ屋さんですね。

松竹梅であなたならどれをを選びますか?。

 

私なら竹を選びます。

理由はなんとなくです。

 

梅だとショボそうだし松だと高いし損するかも。

 

こんな感じで私だけではなく

考えるひとが多いとされてます。

 

心理学では極端の回避性と呼びます。

実際真ん中が一番コスパがいい傾向にあります。

 

このメニューでは竹が1600円ですね。

竹を売るために値幅をも変えてます。

 

値幅だけではなく商品そのものでも

対比させることも可能ですよね。

 

ラーメン屋さんや、

うなぎ屋さんなど単品ベースや

コース料理を扱うお店では、

うまく活用されてます。

 

フレーミングをメニューにしっかり

落とし込めると売りたいものを売れる

ようになるかと思います。

 

お客様の心理をついた良い価格戦略を

できることが繫盛店の道へと繋がります。

 

あなたが一番お得だと思う

メニューはなんですか?

 

第三回目はこちら

選択回避の法則 | 東京都の店舗・事務所ならFANC株式会社

 

いますぐ出来る繫盛店への道 一覧

いますぐ出来る繫盛店への道 一覧 | 東京都の店舗・事務所ならFANC株式会社

 

執筆者 FANC株式会社

宅地建物取引士/吉成拓馬