融資を日本政策金融公庫で受けよう!

日本政策金融公庫 融資

今回は融資の話をしていきたいと思います。

 

起業するには資金が必要です。

自己資金が潤沢にあれば融資の必要は

ありませんが、そのような方は多くありません。

 

資金の必要経費で1番大事なのは

開業後の運転資金です。

 

運転資金さえ尽きなければ

潰れることはありません。

 

開業後すぐに軌道に乗るのは難しいことです。

その期間耐えられるだけの資金が必要です。

 

ではどうするのか、

それは銀行などから融資を受けることです。

【融資を受けるポイント】

ポイントとしては、

まずはやはりお金貯めることです。

 

これから起業される方の本気度を金融機関が

形として見れるのが自分で貯めたお金だからです。

 

銀行などの金融機関はまず自己資金を見ます。

そして開業する業態と実績にもよりますが、

自己資金のおよそ2倍から3倍程度が

融資の目安になります。

 

ベンチャー企業や飲食店など大きな資金が予め

予想をされる場合はこの限りではありません。

 

多重債務のような方も含まれません。

 

ある程度自己と実績があれば、

銀行などの融資も通りやすく

融資の金額も概ね大きくなります。

 

ただ、一個人の方や創業して間もない方が

いきなり銀行に行っても融資は難しいでしょう。

 

特にメガバンクは大企業をメインに取引

されてるのでなおさら難しいのが現状です。

 

そこで助けて頂けるのが日本政策金融公庫!

 

日本政策金融公庫とは、

中小企業金融や国民生活金融公庫など

政府系の金融機関が統合され出来た金融機関です。

 

日本政策金融公庫は個人事業主や零細企業など

実績の少ない所にも融資をしてくれます。

 

まだ実績の無い創業前の個人や会社にも

日本政策金融公庫は融資に前向きです。

その際には新創業融資などが有効です。

 

新創業融資制度|日本政策金融公庫 (jfc.go.jp)

 

ちなみに日本政策金融公庫が

直接貸すのではなく銀行を介して

融資が行われます。

 

いま持ってる銀行口座を

利用することも出来ますが、

 

この先を考えて新しく口座を

作るのがいいと思います。

 

開業先の近くにある信用金庫や信用組合など

地域密着の小さな金融機関がおすすめです。

 

信用金庫や信用組合は地域の発展に

寄与するのがひとつの目的なので

 

軌道に乗り新たな融資が必要になるときに

取引履歴が実績となり直接融資を

受けられる可能性が高まります。

 

開業や融資の相談をするなら

いきなり日本政策金融公庫に

融資を申し込むのはハードルが

高いかもしれません。

 

最初に税理士さんや

商工会議所に相談されたほうが

審査にも通りやすくなります。

 

まずは商工会議所で相談を

してみてはいかがでしょうか。

無料で相談に乗って頂けます。

 

会に入会しても個人なら

年間1万円程度で色々相談できます。

 

開業や融資について具体的な

相談をしましょう。

 

創業支援融資 | 創業支援 | 経営相談 |東京商工会議所 (tokyo-cci.or.jp)

*こちらは東京都23区に住所や事業所がある方が対象です。

 

執筆者 FANC株式会社

宅地建物取引士/吉成拓馬