プレスリリース作成

プレスリリースとは

まず最初にプレスリリースの

流れを説明します。

 

 

あなたが伝えたいことをA4用紙1~3枚に

まとめた記事(ニュース)を作成します。

 

そして作成した記事をマスコミなどに

FAX・メールで送信したら完成です。

 

マスコミや業界など

あなたに興味がありそうな

媒体を選ぶのが重要です。

 

やみくもに送っても

スルーされるだけです。

 

 

プレスリリース自体は難しい

ものではありません。

 

しかし記事作成は奥深いもので、

伝えたいことを簡潔でいて

インパクトを求められます。

 

 

プレスリリースの重要性

近年SNSが普及して個人が情報を

発信できるようになりましたが、

 

SNSが不特定多数なのに対して、

プレスリリースはダイレクトに

マスコミや業界に届くのが特徴です。

 

ただ、関係各社には毎日何百通と届くため

じっくりと見てる余裕はありません。

 

そこでキャッチーでありながら、

インパクトのある記事を作る必要があります。

 

逆算して記事になるようなメニューや

サービスを考えていくのも有効です。

 

 

 

プレスリリースの書き方

プレスリリースには基本的な書式があります。

 

1.レターヘッド

 

2.タイトル

 

3.リード

 

4.本文

 

5.連絡先

 

順番に見ていきましょう。

プレスリリース イメージ写真
プレスリリース 作成方法

レターヘッド

レターヘッドにはお店の名前や会社を書きます。

 

お店や会社のロゴマークや

ブランド名があればそちらも

載せましょう。

 

見た人が一目でわかることが重要です。

 

プレスリリースは何度でも出せます。

新店舗や新商品などイベントがあるたびに

リリースを出せる準備をしましょう。

 

リリースがどの会社からなのか

覚えてもらう工夫も必要です。

 

タイトル

タイトルはプレスリリースで

一番重要な部分です。

 

忙しい記者さんたちはパッとみて

気になればリード(下で説明)まで

読んで取材するか記事にするか決めます。

 

なによりも目にとまることが

大事なのです。

リード

リードは記事を要約した部分です。

 

タイトルとリードを読み記事の内容に

興味を持っていただかなければ

スルーされてしまいます。

 

本文を書いたあとにリードを

書くのがおすすめです。

 

要約する部分を上手く

まとめていきましょう。

 

本文

本文はその名の通り伝えたいことを

しっかりと書いていきます。

 

こちらもダラダラと書くのではなく

絵や写真などでメリハリのあるように

していきます。

連絡先

最後に連絡先を書きましょう。

 

お店や会社の基本情報はもちろん、

自社サイトやSNSがあればそちらも

載せましょう。

 

すぐにいつでも連絡がつくのが理想です。

 

みなさん忙しいので連絡が取れなければ、

他に意識が流れ忘れられてしまいます。

最後に

プレスリリースは自ら発信するニュース。

 

SNSと掛け合わせて上手く活用

できれば宣伝効果も大きいので、

 

ぜひ、ご利用をおすすめします。

 

 

【注意点】

 

プレスリリースを送っても必ず

採用されるわけではありません。

 

改善を繰り返しイベントのたびに

送ることで覚えてもらいましょう。

 

FANC株式会社ではプレスリリースの

物件を契約されたかたに限り作成代行を

無料作成致します。

 

ご希望のかたのご連絡お待ちしております。

 

クラウドファンディング作成はこちら!

クラウドファンディングのお手伝い | 東京都の店舗・事務所ならFANC株式会社

 

開業に向けたサポートならこちら!

お店を出すならFANC.JP はじめての飲食店開業 (fanc-lp.jp)

 

執筆者 FANC株式会社

宅地建物取引士/吉成拓馬